お知らせ

2022-08-09 福島県

10月1日以降の只見線の運行ダイヤのご案内

10月1日(土)以降の運行ダイヤにつきましては、7月13日にJR東日本から以下の通り発表されております。

詳しくは、JR東日本のホームページをご覧ください。

コメント

  1. これからは観光路線としても維持されるべきであり、平日ダイヤと休日ダイヤを組むべきである。
    若松市に宿泊した観光客が乗車できるでしょうか? 3月改正には地元の意向をくむ必要がある。若松・小出ともに午前9時くらい発の列車が必要で、通し運転あるいは只見か川口で乗り継げるようにすることが観光客から求められる。
    何ら旧態依然の思考にあきれた、期待が怒りに変わってきた。

  2. まずは全線復旧おめでとうございます。こちらのHP関係者にお願いです。新ダイヤを見る限り代行バス時代より大幅に減便されており事実上上越新幹線を利用して新潟方面からの観光には午後と夕方の2便しか使い物になりません。午後の便に関してダイヤ改正と同時に只見〜田島のバスのダイヤの改正も検討してもらいたいです。日帰りで只見を楽しんで首都圏に帰れるプランを組みたいです。ご検討お願いします。

  3. 京都嵐山、宇奈月温泉、そして只見線とトロッコ列車を走らせて紅葉を満喫できるスポットを充実させてください。もうそろそろコロナウィルスも弱ってきているので、車内での個別飲食も解禁してください。あと小出~川口間の折り返し需要を紅葉の時期だけ割増料金とってでも増便して貰えると嬉しいです。

  4. 一日3往復しかない只見―会津川口の復旧に90億円とは、福島県もずいぶん奮発しましたね!
    秋に開通したら乗りに行きたいです。会津若松で1泊かなぁ。

  5. 週末に日帰り観光したいのですが、日中少な過ぎるような…もう少し増やして頂きたいです。
    ご検討お願いいたします。

  6. 会津若松側には宿泊だけなら5000円未満のところもいくつかあります。
    小出側だと昼の折り返しに乗るしかないのと宿自体が非常に少ないので高いです。
    関東から10月の頭に3日間全線パスで若松経由で行ってきます。

コメントする

コメントは承認後に反映されます。

ページの先頭へ