只見線が走るここだけの絶景

「紅葉の美しい鉄道路線」、「雪景色の綺麗なローカル線」など、絶景の秘境ローカル線として人気の只見線。休日には多くのカメラマンが撮影に訪れます。只見線沿線には、数多くのビュースポットが存在し、美しい写真を撮影をすることが出来ます。そのなかでも人気の撮影スポットをご紹介します。

三島町にある「道の駅 尾瀬街道みしま宿」から約10分ほどでたどり着く只見線屈指のビュースポットです。道の駅の駐車場の奥にビューポイントへ向かうための遊歩道が整備されており、トンネルの脇に入り口があります。ビューポイントには時刻表も用意されているので、いつ列車が通過するかが分かるようになっているため、絶好のタイミングで撮影できます。

会津西方駅から国道400号を約400mほど進んだ場所に、只見線沿線の景観プロジェクトによって雑木除去などをした新たな眺望ポイントが誕生しました。

会津宮下駅から早戸駅までの間の国道252号沿いの高清水スノーシェッド内にあるビューポイント。橋梁を斜めに見下ろすアングルは絶好のロケーションです。※駐車スペースが限られ、交通量も多いため、ご注意ください。

会津宮下駅近くにある「宮下アーチ三橋(兄)弟」は、道路2つ、鉄道1つのアーチ橋が3本重なって見ることができます。テレビ等でも取り上げられた、今注目の撮影スポットです。

会津川口駅から徒歩約10分、国道252号沿いにある絶景スポット。水面に迫る集落、川沿いを走る只見線が生み出す風景は、まさに日本の原風景を感じられる絶景です。特に夏の早朝や夕方、雨上がりの川霧に沈む集落や、冬の雪景色の中を走る列車の風景は幻想的です。

会津若松駅を出た只見線は、会津盆地の農業地帯をぐるっと回ったのち、大きくカーブして山間部へと入っていきます。会津桧原駅を過ぎるとやがて只見川を渡るのですが、川を渡る鉄橋はすべて絶景ポイント。スマートフォンの地図アプリを開き、只見川を渡るタイミングをチェックして、窓から見えるパノラマビューを満喫しましょう。

下り:会津桧原駅から約2分後

上り:会津西方駅から約1分40秒後

只見線の車窓風景の中でも一番の見所と言ってもいい景色。只見川と豊かな自然が創り上げたパノラマビューは必見です。只見線乗車時にこの橋梁を超える時には、列車がゆっくり走行するので、両側の車窓から見えるこの絶景をじっくり楽しむことができます。

下り:会津宮下駅から約5分35秒後

上り:早斗駅から約3分55秒後

只見駅を出て1つ目の長いトンネルを抜けた先の車窓に見えるのが田子倉湖。穏やかな水面には鏡のように風景が映り込みます。田子倉湖は田子倉ダムの建設によりできた人造湖ですが、水が綺麗なため、サクラマスやワカサギなど淡水魚の宝庫としても有名で、特に「イワナの聖地」としても知られています。

下り:会津宮下駅から約10分58秒後

上り:大白川駅から約18分38秒後

会津川口駅に近づくと、やがて只見川が線路の横に現れます。川といっても流れは穏やかで大きいので、まるで湖上に駅があるような風景が広がります。

下り:会津中川駅から約4分後

※掲載している写真・情報は2020年6月現在の情報です。

※記載の距離・所要時間等はあくまで目安となります。季節や当日の運行状況によって変動することがありますので、予めご了承ください。

※撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、違法駐車や近隣住民に迷惑をかけるような行為は絶対に行わないでください。

お問い合わせ